読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆道楽な日々綴◆

私の道楽(趣味)から何からゆる~く誰得な情報を提供します

フェブラリーステークス2016は激戦の様相。駆け引きが面白そうです。

結局競馬ネタ。

 

今年1番目のG1レース、フェブラリーステークスが明日行われます。

今年は面白いメンバーが揃っていますね。

 

有力どころでは昨年残念だったノンコノユメ、コパノリッキー、そしてトライアル根岸ステークスを順当に勝ってきたモーニンといったところでしょうか。

今回注目なのはモーニン。なんと鞍上デムーロで来ました。チャンピョンズカップでも持っていたデムーロさんが戸崎さんから乗り替わりとこれはとても複雑な。。。前から決まっていたのかな。まあこの馬自体乗り替わりだらけでどの騎手が主戦かわからない状況ではありますがこれで軸にしても良さそうな気がしてきました。。。

 

いやいやちょっと待って。今年のフェブラリーステークス、これだけじゃないんです。

なんとも不気味なのがホワイトフーガ。あのサンビスタに圧勝してきた牝馬がここに出てきました。地方交流ばかり出ているので中央場所でどれだけ走れるのかは定かでないですがサンビスタに勝ったJBCレディースだけでなく端午ステークスの内容を見てもスピードも問題ない。

大野くん自体も東京ダート1600mは得意としているようなので穴で一考単穴まで狙えるかもしれません。

 

しかーし、私の本命はこの馬ではありません。

本命はベストウォーリアでございます。戸崎さんが乗り替わりといっても主戦でございました。手が戻ってこのメンバーでこの展開で先行勢は駆け引き満載な状況。これで抜け出すのはベストウォーリアしかないと。なんといっても59キロ背負ったプロキオンステークスが光ります。この馬まだまだ行けますよ。

駆け引き満載と言いましたが逃げてもいい馬が多いこと、コパノリッキーを抑えて逃げるのはコーリベリーでしょう。そしてモンドグラッセ、スーサンジョイ(あの調教は一体;)その後ろにグレープ、タガノと続いてモーニン、ベストウォーリアと有力どころも先行勢ともうどれだけ早くなるんだ?という感覚があります。

 

スタート後3ハロンで34.4切ってくると逃げ馬も先行勢にも辛い展開になりそうなのでノンコノユメには絶好の展開となりそうです。

 

ベストウォーリアは先行して34.6であれだけのパフォーマンスを見せているので苦にしないと見て軸はベストウォーリア、ノンコノユメあたりでいかがでしょうか?

穴で一考はホワイトフーガ、タガノトネール、ただでは転ばないモーニンと先行勢思ったより様子見でうまいこと抜け出すコパノリッキーを押さえてみるか。

 

これだけ予想するにも楽しいので明日のレースはとても楽しく見られると思います。

 

いかがでしょうか?