読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆道楽な日々綴◆

私の道楽(趣味)から何からゆる~く誰得な情報を提供します

転職活動のススメ。得られるものは大きいと思います。

来年の就職戦線がスタートして何かと話題が満載のようなので似たような活動、転職活動についてまとめます。 

先に申し上げておくと転職を進めている投稿ではありませんのでその点は悪しからず。

 

以前転職活動をすることがあったのですが、長いこと同じ職場で働いていると、それも外にあまり出ない仕事をしていると世の中の流れって見えてないようです。

 

実際に転職活動してみて思ったのが世の中の動向をつかめていなかった、と。

別に新聞は読んでるし業界がどういう状況というのもわかっているつもりではあったけど、客観的に結局自分がどれくらいのスキルを持っているとか、どれくらいのレベルなのかとか新卒以外で中途で採用する企業がどんな人材が欲しいのかなんてことは考える機会もなかったのでそれが重要なことだとあまり理解できていなかったりする。

それを確認できるのが転職活動なんです。

 

別にそんな活動しなくても自分を見つめなおすことはできる、と考えると思います。

私もそう考えていました。でも実際に転職活動して思ったのはいかに自分が自分のことを知らなかったのか、企業がどんなことを考えているのか、などを理解していなかったのを痛感したのです。

なぜか?ずっと同じ企業の中にいたからこそ、いわゆる慣れ、これが一番怖い存在だと思います。

 

同じ職場で同じ人間関係で働いているから無意識のうちに自分の心地よい環境になっていたり、そこでなんとなくで仕事をやってきている自分に気がついた。

そう、慣れているのです。なので新しいことにチャレンジしようと考えていても実行していないのです。やってるかもしれないけど実は自分がやってるのはなくて上司や周りからうまいことやらせてもらっている可能性もあります。

 

良く言われていることですが転職活動の売り物は自分自身です。

今まで書いていたことすべてを自分自身が理解して表現できないと自分がやりたいことやりたい企業に転職などできないんです。中には人材が少なくて人であればだれでもいいという企業もあるかもしれません。それならそこに行けばいい。でも自分がいま働いている環境より良いところであるからこそ転職する価値があるはずなのに、そんなリスクを背負ってまで来てくれるなら誰でもいいという職場を選びますか?

 

また、やりたいこと、自分のやりたいことって何?

10年後自分がどうあってどのように働いているかをイメージできますか?

恥ずかしながら転職活動を始めた当初、私はできなかった。だからこそ逆にこのまま同じような状況から抜け出せないかもしれないという不安から転職活動をしました。

 

でも結局やりたいことって何?

と考えた時にそれが実現できる会社ってどれだけあるのあるのかという現実に直面しました。会社組織でみんながみんな好き勝手にやっていたら組織としてどうなんだという問題が起こります。組織として機能していなければ利益は上がらないし正しい会社のかじ取りができるのかと言えば不安があります。

当然利益を上げなければお給料は上がらないわけで。。。と書けばキリがありません。

 

そうなんです。自分のやりたいことをやるってことはそれなりの居場所と準備ができていなかったら実現するのは難しいのです。

調査して、計画して、実践して、課題を修正してまた計画してというサイクルの中で自らが成長してはじめて実現できることって山ほどあるんです。

何も考えんと好きなことを、できないことはないでしょう。

好きなことをやりたければ独立すればいい。でも会社組織に所属して好きなことをやりたいと考えるのであればそれなりの準備が必要になります。

 

少し話がずれてきたので戻しますが転職活動がなぜ良いのか。

 

自分が今いる環境に慣れているということを認識できる。

自分が何をやりたいのか、何をすべきなのかを考え直すいい機会である。

自分の強みを見直すいい機会である。

第三者に評価されるで自分自身の現在の力がわかる。

 

自分でいくらこれができると評価していても実際の現場ではもっと違うことが要求されることがあるわけで、そこにいる人からの評価を見られるというのは自分にとってとても大きなものだったように感じます。

それがもとで自分に何が足りないのかもわかるし、何がやりたいかが明確になれば目標だって立てられる。

正直自分自身、結構意識高い系で目標を持っていやっていたつもりだったけど全然そこに行くプロセスが合っていなかったことに気が付いたのが大きな収穫でした。

 

そんな冷やかしで転職活動するなと思われる方もいるかと思いますがそれはそれ。

自分が活きる場所に移ることは悪いことではありません。

逆に転職されては困る人事側の人に言いたいのはこの投稿に書いたような内容を自社内でできるような環境づくりをするのも大切だと思うのですがいかがでしょうか?

 

中にはそこまで向上心を持っていない、今まで通りでいいという人もいると思います。

それはそれでとても大切なことなんです。だってルーチンワークがあるから管理する側もいる。要は役割なんです。その役割で収入が変わってくるのは結果責任あるポジションにあるかどうかなので結果に跳ね返ってくるだけだと私は感じています。

 

なんか思っていたことを書き綴っただけの乱文ですが書きたいことは書けたかと。

自分自身を見直すいい機会だからこそ転職活動はする、しないに限らずやってみることをお勧めします。自分自身で気付こうと思う意識があれば何か発見できると思います。

やるならくれぐれも冷やかしにならないようにマナーをもってやってください。

 

あれ?なんか全然緩くない内容になってる。。。

たまにはこんなのもありですね。