読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆道楽な日々綴◆

私の道楽(趣味)から何からゆる~く誰得な情報を提供します

菊花賞2016は波乱要素があります。あえてジュンヴァルカン、ジュペルミエールあたりを狙います。

今日は京都競馬場菊花賞2016が開催されます。

 

昨日の富士ステークスはほぼ完全的中で調子が良いので今日も続けていきたいところです。

富士ステークス2016は荒れ模様?イスラボニータは買いだと思う 

 

さて、菊花賞

タイトルにあるように今年の菊花賞は3強の様相に見えそうで実は結構な波乱含みであるとみています。

サトノダイヤモンドはトライアルの神戸新聞杯を勝ち切って今度こそと力の入るレースでしょう。そしてサトノダイヤモンドと僅差で2着のミッキーロケット、そして皐月賞ディーマジェスティ、と今年も3強で終わりそうだなと見えるが、いやちょっと待てなんか今年は違う気がする。。

 

なぜか?

今年は特に条件戦(1000万条件)を勝ってきた馬が多いです。

そして神戸新聞杯で僅差の2着に来たミッキーロケットもまた条件戦を勝ってきた馬。

これを杓子定規にしてみると実はあまり差がないのではないかという気がします。

 

マカヒキ凱旋門賞で凡走したのでこの世代、実はレベルはそれほどではないのか?と思いきや春の3歳戦線でそれほどでもなかったレインボーライン札幌記念で好走しているのを見るとやはり今年の3歳馬、レベルは高めと見ています。

 

今回は3歳限定ですので他の世代とのレベルの違いはあまり気にすることはなくとも過去の神戸新聞杯菊花賞でも条件戦で勝ってきた馬はあまり軽視はできません。

 

ということであえて乱菊と見て考えてみようと思います。

 

さて、調教で目を引いたのはジュペルミエール、ジュンヴァルカンこれが目立ってよかった。正直サトノダイヤモンドディーマジェスティも反応は良いけど短めでいまいち読めない。

また、実は菊花賞でディープ産駒は1着というよりは2着3着までというデータもありますのであえて頭をディープ産駒以外で考えるのもありかなと(これくればおいしい)

ではあえて、サトノダイヤモンドディーマジェスティどちらを選ぶとしたらディーマジェスティのほうが合う気はしてます。

 

前に行く馬が2,3頭いるのでそこまでスローにはならないので坂の下りから長い脚が使える馬は何かともう少し考えてみようと思います。

 

いかがでしょうか。