読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆道楽な日々綴◆

私の道楽(趣味)から何からゆる~く誰得な情報を提供します

天皇賞(秋)2016はルージュバックで決まり。モーリスは距離、最後の最後でどうだろう。。

今日は大阪マラソンですね(違っ)

今日は東京競馬場天皇賞(秋)2016が開催されます。

 

このレース昔から好きなレースなので注目していますが去年からあまり変わり映えのないメンバー構成になっています。

ダイワスカーレットエアグルーヴの熱い戦いなど過去にはいろいろなドラマがあったこのレースですが今年はどんなドラマが繰り広げられるのか、注目しています。

 

さて、天皇賞(秋)は東京芝2000mで開催されますので1コーナーがすぐにあるため外枠には少し辛いコースとなっています。で、今回人気になったエイシンヒカリがどこに入るかと思っていたら、なんと1枠1番と逃げるには最高の枠順に収まってきました。目標は先(海外)も調教も抜群で買いの気配ばっちりでやはり人気も1番人気と買われています。

でも私の軸はあえてルージュバックでいきます。正直前があまりやりあわないメンバー構成だけに追い込み脚質のこの馬が本当に来られるのか?と思う反面、外人ジョッキーも多くそう簡単に逃げさせるようなことはさせないように3コーナー当たりからの駆け引きがあるのではとみています。

そうなると前がしんどくなって多少しまい3ハロンで時計が掛かれば(このメンバーだとかかることはないですが;)この切れ味生きるのではないか?と思っています。

正直このメンバーなら今年の3歳が出てきたら3歳軸で決まりだったなと残念な気持ちもあります。

ルージュバックは調教も抜群、毎日王冠もぎりぎりながらも一番いい脚で勝ってきていますので十分頭候補になるのではないかとみています。

モーリスは名手ムーアが乗りますので距離はどうかと思いきや買い目はあります。

 

正直エイシンヒカリは調教も抜群で軸にしたいところでしたが目標は次だけに今回あまり無理しないのではないかと思っていますのであえての3番手評価。

 

特注は外枠ではありますが昨年好走している舞台でかつ調教もよかったステファノス

また、デムーロが乗ってくるリアルスティール。昨年は力を発揮できませんでしたがけんかしなければ頭でも勝てる力を持っているはずなので不気味です。(連下でしか勝ってませんが;)

あとはアンビシャスと、終わりだろうと思ってもこういった混戦の時は実績ある馬、ルメール騎乗のラブリーデイあたりまで流せばよいかなと。

 

とにかく今年はクラレントの空気を読まない逃げはしないでねと期待しつつ楽しみにしたいところです。

いかがでしょうか。